グローブボックス

グローブボックス ぐろーぶぼっくす

 glove box. 放射性物質や毒性のある物質を隔離した状態のまま、目視しながら取り扱えるように、窓や手袋を取り付けた機密性の箱型の装置。グローブボックスは、主にプルトニウムを含む核燃料施設、RI施設等で使用され、ボックス本体、グローブ、トランスファーポート、給気系、排気系、給排気系フィルタ、負圧計、各種警報装置などから構成されている。ボックス本体には一般的にステンレス鋼を使用するが、塩化ビニール、鉄などが使われる場合もある。グローブボックスの前面には、ボックス内作業の視野を確保するため透明なアクリル樹脂、強化ガラス、合わせガラスなどが使用される。グローブは、天然ゴムまたは合成ゴム製でネオプレン、ハイパロン、ブチルゴムなどが使われる。グローブボックスの中は、大気圧より低く圧力(−25〜−35mmAq:1気圧より約0.3%低い圧力)に維持され、放射性物質が漏洩しないようになっている。


<登録年月>
1999年03月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ