コールドトラップ

コールドトラップ こーるどとらっぷ

 cold trap. 一般には、真空ポンプを用いたシステムにおいて真空ポンプを保護する目的で、水蒸気等の気体を減圧・冷却して液体または固体の形で除去する装置をいう。原子力分野では、高速炉の冷却材ナトリウム中の不純物を除去する精製装置の一種として用いられ、CTとも呼ばれる。不純物(普通は酸化ナトリウム)の溶解度が低温で小さくなる性質を利用して、ナトリウム中の酸素、水素、炭素などの不純物を低温下で多様な化合物(反応生成物)の形で析出させ、分離・回収する。一次系のコールドトラップは、核分裂生成物や放射化された不純物も反応生成物として析出させ、それを分離・回収する。


<登録年月>
2012年08月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ