甲状腺

甲状腺 こうじょうせん

 内分泌腺の一つ。喉頭の前下部、気管の両側に位置し、帯黄赤色でやや馬蹄鉄状である。身体の発育及び新陳代謝に関係あるホルモンを分泌する。このホルモン(チロキシン)が欠乏すると、発育障害や粘液水腫を起こし、過剰になるとバセドー病を起こす。甲状腺はヨウ素を多く含んでおり、放射性ヨウ素が体内に取込まれたとき、他の臓器に比べ選択的に甲状腺に集まり放射線吸収線量が大きくなる。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ