高周波加熱

高周波加熱 こうしゅうはかねつ

 トカマク型などの装置を用いて熱核融合を起こさせるため、プラズマを加熱する方法の一種で、高周波電力をプラズマに投入し、そのエネルギーをプラズマに吸収させる。使われる周波数帯により、イオンを主に加熱する「イオンサイクロトロン共鳴加熱(ICRF)」、イオンと電子の運動が同期する周波数を利用する「低域混成共鳴加熱(LHRH)」、電子を効率良く加熱する「電子サイクロトロン共鳴加熱(ECRH)」などがある。家庭にある電子レンジも高周波加熱の一種である。


<登録年月>
2001年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ