原子炉冷却材圧力バウンダリー

原子炉冷却材圧力バウンダリー げんしろれいきゃくざいあつりょくばうんだりー

 原子炉の通常運転時に原子炉冷却材を内包し、原子炉容器内と同様の圧力条件となり、かつ一次(原子炉)冷却系の圧力障壁を形成するもので、それが破壊されると冷却材喪失事故となる範囲をいう。通常、原子炉圧力容器、一次系(原子炉冷却系)配管などが含まれるが、冷却材喪失事故時に隔離される部分は該当しない。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ