原子炉再循環系

原子炉再循環系 げんしろさいじゅんかんけい

 原子炉では、炉心で発生する熱を効率的に除去するため、原子炉冷却材を強制的に循環させている。原子炉再循環系は、沸騰水型原子炉で採用されている原子炉冷却材の強制循環方式で、炉心を通ってきた原子炉冷却材の一部を炉心出口側から原子炉圧力容器外に取り出し、ポンプ(これを再循環ポンプという)で昇圧し、再び原子炉圧力容器内に戻す外部ループと、原子炉圧力容器内で送り込まれた原子炉冷却材を炉心内に導く配管、ジェット・ポンプおよび気水分離器の内部ループから構成されている。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ