検出効率

検出効率 けんしゅつこうりつ

 検出器に入射する放射線粒子数に対する出力信号(パルス)数の割合で検出器それぞれに放射線の種類とエネルギーに依存した固有の値をもつ。GM計数管ではβ線に対しては100%、γ線に対しては1%以下となる。放射線検出器の計数値に検出効率による補正を行って入射放射線の量を評価する。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ