原子核反応

原子核反応 げんしかくはんのう

 原子核は陽子と中性子から構成されている複合粒子である。その回りに、陽子の個数と同数の電子を有し、固有の元素の原子を構成している。この原子核に他の粒子例えば中性子、陽子、α粒子、γ線等が衝突すると原子核に吸収されたり、原子核内の陽子、中性子、その他を弾き飛ばして、原子核を構成している中性子と陽子の個数が変わり、種類の異なる原子核に変換されるこれらの反応を総称して原子核反応という。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ