共沈

共沈 きょうちん

 微量であるために、沈殿剤によってそれ自身は沈殿しない濃度の物質を沈殿させる場合、共通の沈殿剤によって沈殿する他の物質(担体)を加えることにより、担体と共に沈殿させる現象。放射性同位元素のような超微量の物質の化学分離に使われる。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ