給水ポンプ

給水ポンプ きゅうすいぽんぷ

 復水器において復水された冷却水を原子炉または蒸気発生器へ供給するポンプ。原子力発電所と火力発電所の双方において給水系統上欠かすことのできない補機の一つである。復水器により復水された冷却水はホットウェルに一旦集められ、復水ポンプによって加圧された後、数段の低圧給水加熱器を経て給水ポンプに至る。給水ポンプにより蒸気供給系の圧力まで加圧された冷却水は、さらに数段の高圧給水加熱器を経て蒸気供給系に戻される。一般に電動機駆動または蒸気タービン駆動の渦巻きポンプが用いられている。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ