カランドリア管

カランドリア管 からんどりあかん

 新型転換炉のような重水減速圧力管型原子炉において、重水を収納するカランドリアタンク(練炭型をした鋼製二重の炉心容器)内に取り付けられた多数の管のことをいう。管の外側、タンク内は重水で満たされ、内側には核燃料と冷却用軽水が収められている圧力管が挿入されている。カランドリア管と圧力管の間にはヘリウムガス、炭酸ガス、窒素ガスなどが充填されている。管の材料には中性子吸収の少ないジルコニウム合金が用いられる。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ