核分裂生成物 FP

FP えふぴー

 核分裂によってできた核種、またはそのような核種(核分裂片)から放射性の崩壊によってできた核種をいう。FP(Fission Products)とも略称される。核分裂に伴う生成核種の収率曲線における主要なものとしては、137Cs、90Srなどがある。核分裂生成物は燃料再処理工程で、超ウラン元素の一部とともに硝酸酸性水溶液中に残り、高レベル放射性廃棄物の放射線と崩壊熱の発生の主要な原因となる。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ