冷却材

冷却材 れいきゃくざい

 原子炉では炉心でウラン、プルトニウム等の核分裂反応によって発生する熱を外に取りだし、核分裂反応を安定且つ定常的に継続させている。この熱を炉心から炉外に取り出すための媒体を冷却材(正しくは原子炉冷却材)という。発電用原子炉では、この取り出した熱が発電機のタービンをまわすエネルギー源である。冷却材は、原子炉の炉型によって異なり、軽水炉では軽水(普通の水)、重水炉(例えば、ふげん)では重水、ガス炉(例えば、東海1号炉)では炭酸ガス、また高速炉(例えば、発電炉ではないが、常陽)ではナトリウム金属を用いている。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ