臨界濃度

臨界濃度 りんかいのうど

 核分裂性物質の濃度が高くなると、一般的に中性子増倍率が増大する。中性子増倍率がちょうど1になる(臨界になる)ときの燃料濃度を臨界濃度という。ちなみに、均質無限体系における二酸化ウラン(5%ウラン濃縮)の臨界濃度は約300gU/リットルであり、硝酸プルトニウム水溶液(プルトニウム同位体組成としてPu−239が100%)の臨界濃度は約8gPu/リットルである。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ