FPガス

FPガス えふぴぃがす

 ウランやプルトニウムの核分裂で生成される核分裂生成物(Fission Product;FP)の中に含まれる気体状のFPをいう。ウラン(235U)の核分裂では80種以上のFPを生じ、その質量数は72〜160にわたっている。このFPの中にはXe(キセノン)やKr(クリプトン)のような気体状の核種も含まれている。燃料被覆菅が破損すると、核分裂で蓄積されていたFPガスが冷却材に溶け出す。このFPガスを分離し、検出することにより、燃料の破損を検知することができる破損燃料検出法が軽水炉等に広く利用されている。


<登録年月>
2012年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ