ハル

ハル はる

 使用済核燃料被覆の廃材をハル(hull)という。使用済核燃料をピューレックス法により再処理する際、核燃料をチョッピングにより細断片とするが、その核燃料の被覆廃材をハルといい、核燃料の両端部の廃材をエンドピースと呼ぶ。ハルの典型的なものとしては、ジルコニウム製被覆廃材があり、TRUによる汚染と放射化による放射能等を含むので通例これらはTRU固体廃棄物として処理、処分される。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ