年摂取限度

年摂取限度 ねんせっしゅげんど

 放射性物質の体内摂取の年間の許容限度をいう。内部被曝による身体的、遺伝的リスク評価の指標である実効線量当量を直接測定することは困難である。そこで実際の防護では、内部被曝に関しては年摂取限度により評価している。年摂取限度の値は、国際放射線防護委員会第2委員会において個々の核種毎に検討されている。わが国においては、呼吸摂取、経口摂取別に、放射線防護関係法令において与えられている。たとえば、トリチウム水では、呼吸摂取および経口摂取の場合に、それぞれ2.9E+9Bqである。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ