熱流束

熱流束 ねつりゅうそく

 単位時間、単位面積当たりに流れる熱の量。物体壁面とそれに接して流れる流体との間の熱伝達量や、ある固体壁で隔てられた高低温2流体間の熱通過量を表現する際に使われる。熱伝達量は、熱伝達率と壁面及びそれに接する流体の温度差の積で定義され、熱通過量は熱通過率と高低温2流体の温度差の積で定義される。熱伝達率は流体物質だけではなく、流体の流動の影響も強く受ける。熱通過率は固体壁両面の各熱伝達、及び固体壁内の熱伝導の総合コンダクタンス効果を表わす量である。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ