熱容量

熱容量 ねつようりょう

 物体の温度を単位温度だけ上昇させるのに必要な熱量。一様な物体では、熱容量は比熱と物体の質量の積に等しい。例えば、単位体積あたりの熱容量は、比熱と密度の積で与えられる。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ