遷延照射

遷延照射 せんえんしょうしゃ

 大量の照射を一回に与えるのでなく、少量ずつ長時間にわたって与えることを遷延照射という。一回照射から遷延照射に変えると確定的影響のしきい線量が増大する。これは、遷延照射では、生体の回復効果が起こるからである。一回照射と遷延照射の中間的なものとして分割照射がある。分割照射は、線量を休みなく与えるのではなく、何回かに分けて不連続的に与える場合をいう。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ