性染色体

性染色体 せいせんしょくたい

 真核生物の性を決定する染色体で、基本系はXおよびY染色体から成る。多くの動物、下等植物(コケ類)は雌雄異体であるが、多くの高等植物、ホヤ類やある種の魚類は雌雄同体である。哺乳類は同型配偶子XXが雌、異型配偶子XYが雄を決定し(雄性異型配偶子XX/XY型)、減数分裂期にはXYでも部分的対合が起こる。ある種の動物(鱗翅目、毛翅目、鳥類)では、構成が逆で同型ZZが雄、異型ZWが雌となりZW型で表す(雌性異型配偶子)。またY染色体を欠除したXO型、OZ型、XnY、XYn型(異数性)なども見いだされる。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ