精鉱

精鉱 せいこう

 有用成分を含む鉱石から選鉱によって、不用成分を除去し、有用成分の含有率を高めた産物を精鉱という。ウラン鉱石の場合は、採掘した鉱石中の無価値な岩石を物理的・化学的な性質の差を利用して分離する有効な選鉱方法で適用できるものが少ないので、鉱石全部を粉砕して、酸またはアルカリ溶液に溶解し、ウランを精製、濃集させた後、強アルカリなどで沈澱させ、ウラン精鉱を生産する。この産物の酸化ウランからなるウラン精鉱がいわゆるイエローケーキと呼ばれているものである。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ