小頭症

小頭症 しょうとうしょう

 microencephaly。平均標準頭囲よりも標準偏差の2倍以上小さい場合を指す。脳の発育障害を伴うことが多く、脳の器官形成期に何らかの影響を受けたことが原因のひとつとされている。下垂体性朱儒(こびと)による場合は知能低下は伴わない。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ