出力係数

出力係数 しゅつりょくけいすう

 原子炉の単位出力の増大にともなう反応度の変化を示す値である。この値が負であることが安全上重要である。逆に正であると、出力が増加すると反応度が加えられることを意味し、放置すると一層出力が増大することになるので、絶えず制御棒を働かせて反応度のバランスをとる必要がある。計画中の原子炉に対して計算でこの値を求めるときには、出力の増加による燃料温度上昇、燃料密度減少、減速材温度上昇、減速材密度減少、炉心からの中性子漏れ増大、材料の熱膨張のための形状変化の影響等考えられるすべての要素について反応度の変化を計算し、これらを加えたものが出力係数となる。ボイド係数、ドップラー係数等は出力係数の要素である。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ