重水ダンプ系

重水ダンプ系 じゅうすいだんぷけい

 重水炉における緊急時の原子炉停止系の一つ。新型転換炉等の重水減速炉では、原子炉を緊急停止するために制御棒スクラムを行うが、そのバックアップ(後備停止系)として重水ダンプ系が用意されている。重水ダンプ系は主として炉心冷却系の事故時に作動させる。ダンプ弁を開いて減速材である重水を炉心内から炉心下部周囲に位置するバケット(ダンプタンク)内に急速に排出すると、炉心の反応度が低下し、原子炉は停止する。


<登録年月>
2012年05月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ