残留熱除去系

残留熱除去系 ざんりゅうねつじょきょけい

 原子炉が停止した後に、炉心より発生する崩壊熱及び顕熱を除去・冷却するための系統(BWRでの用語)。余熱除去系とも呼ぶ(PWRでの用語)。沸騰水型原子炉では、炉停止後の崩壊熱を除去する停止時冷却モードに加えて、原子炉隔離時に原子炉圧力を制御または減少させる蒸気凝縮モード、原子炉格納容器圧力抑制プール水を冷却する圧力抑制室プール水冷却モード、燃料プール水を補助的に冷却する燃料プール冷却モードなどの運転モードがある。また、冷却材喪失事故時は非常用炉心冷却系の低圧注水系として自動起動し、次に運転員の操作により電動弁を切り替えることによって、格納容器スプレイ冷却系としての機能を有するように設計されている。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ