作業環境

作業環境 さぎょうかんきょう

 安全性等について何かの管理が必要な作業区域の諸状況。原子力施設内で放射線下の作業をする場合には、放射線障害防止法や原子炉等規制法の規制に従って放射線による障害防止のため、外部放射線、空気汚染および表面汚染について測定項目、測定場所、測定頻度等が定められている。そのため作業場所における放射線レベルの管理は十分に行われていて、さらに作業を実施するに当たっては放射線防護の3原則を適用し、被曝の増加や汚染の拡大の防止等の対策が取られている。このようにして作業環境の安全が確保されている。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ