細胞分裂

細胞分裂 さいぼうぶんれつ

 一個の細胞(母細胞)が分裂して2個以上の細胞(娘細胞)になること。生体の細胞は、分裂することによって増殖し成長する。細胞分裂に際して核の分裂が行われ、染色体のDNA 分子に記憶されている遺伝情報が母細胞より娘細胞に伝えられる。分裂の形態には無糸分裂と有糸分裂があり、生殖細胞は特異な減数分裂をする、哺乳動物細胞は有糸細胞である。なお、放射線の生物への影響を調べる場合に、この細胞分裂中期にある細胞が染色体異常の観察に最も適しており、生体の被曝線量の推定等に利用される。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ