包括的核実験禁止条約 CTBT

包括的核実験禁止条約 ほうかつてきかくじっけんきんしじょうやく

 Comprehensive Nuclear−Test−Ban Treaty. 大気圏内、宇宙空間を含む大気圏外、水中および地下のあらゆる場所における核兵器実験を禁止する条約で、1996年9月に国連総会で採択された。1963年に作成された部分的核実験禁止条約(PTBT)では地下での核実験を禁止していなかったので、CTBTは画期的なものである。この条約が発効するためには、5核兵器所有国およびインド、パキスタン、イスラエルなど指定された44か国の批准が必要であるため、条約はまだ発効していない。1999年10月に第1回発効促進会議、2001年11月に第2回会議が開かれた。条約はその効果的な実施のための包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)の設置を予定し、国際監視システムなどを規定している。英国、フランス、ロシアはすでに批准しているが、米国上院は1999年10月に批准を拒否した。ブッシュ政権は2001年11月の第2回会議を欠席、CTBTの死文化を狙っていると批判された。


<登録年月>
2003年03月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ