核不拡散

核不拡散 かくふかくさん

 核不拡散とは、核兵器の拡散を防ぐことであり、具体的には核兵器を保有する国(又はグループ等)を増やさず、また核兵器を保有している国は核兵器の量を減らすことである。ウラン235やプルトニウムは、原子力発電の燃料として使われるだけでなく、核兵器の原料としても使われる。したがって、ウラン235やプルトニウムを取り扱う場合には、その取り扱いが平和目的のみに行われているということを明確に示さなければならない。これは核不拡散対応と呼ばれている。日本は核兵器の不拡散に関する条約(NPT)、IAEAによる保障措置、核物質防護条約、二国間原子力平和利用協定、ロンドン・ガイドラインのような国際的な約束をして核不拡散対応を行っている。


<登録年月>
2007年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ