核燃料施設

核燃料施設 かくねんりょうしせつ

 核燃料物質の精錬、転換、濃縮、加工、および再処理などを行う施設を総称して核燃料施設という。精錬施設は採掘されたウラン鉱石からウランを取り出す施設、転換施設はウランを濃縮処理に適した化合物にする施設、濃縮施設はウラン中のU−235の含有量を高める施設、加工施設はウランなどの核燃料を原子炉内での使用条件を満足する密度・形状の燃料体に加工する施設、再処理施設は使用済燃料を再処理し、濃度の低下したウラン(減損ウラン)とプルトニウムを回収する施設である。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ