核特性

核特性 かくとくせい

 原子炉の運転において中性子の挙動に関する特性をいう。具体的には、計算や測定によって評価される制御棒価値、出力分布(中性子束分布)、反応度係数、燃焼特性(燃焼に伴う核燃料物質の増減と反応度の変化)などである。これらの特性は、新しい原子炉の設置に先立ってかなりの精度で評価しておく必要がある。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ