WTI原油

WTI原油 だぶりゅーてぃあいげんゆ

 West Texas Intermediate. 米国テキサス州西部地域で産する低硫黄軽質原油。ニューメキシコ州南東部産の原油も含む。英国領北海産のブレント(Brent)、アラブ首長国連邦(UAE)産のドバイ(Dubai)とともに、市場価格を決める指標原油となっている。WTI原油の生産量は50万バレル/日程度と少なく、埋蔵量も米国全体の6%程度しかない。しかし、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で先物取引の対象商品として上場されており、流動性や透明性が高いことから、生産量や埋蔵量とは関係なく日量1億バレル相当以上の取引が行われている。こうした実需と関係のない投機的売買が加熱した結果、近年、石油価格の異常な乱高下が発生しているが、新興国の石油消費量が急増しつつあるなかで市場参加者の先高感は強く、2000年代初頭以前の水準に比べて大幅な高値圏での価格推移が続いている。


<登録年月>
2011年12月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ