FMCRD

FMCRD えふえむしーあーるでぃー

 Fine Motion Control Rod Drive、改良型制御棒駆動機構のことで、英語名の頭文字をとりFMCRDと呼ぶ。BWR(沸騰水型軽水炉)の制御棒駆動機構では、通常操作時、緊急時とも水圧で制御棒を駆動する方式としているが、ABWR(改良型沸騰水型軽水炉)では、FMCRDを採用し、通常操作時には電動で駆動し、緊急時には水圧で駆動する方式である。FMCRDの採用で制御棒を電動駆動できるようになったため、通常操作時の制御棒駆動を微調整することが可能となり、運転性が向上すること、緊急時には水圧で制御棒を急速挿入すると同時に電動機も制御棒の挿入方向に駆動して、スクラムによる原子炉停止機能をバックアップすることにより信頼性が向上すること、制御棒の複数本同時操作が可能となりプラント起動・停止時間が短縮できること、といった特長を持つ。


<登録年月>
2006年10月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ