炉心インベントリー

炉心インベントリー ろしんいんべんとりー

 核燃料サイクルの各過程における様々な施設・設備において取り扱われる核燃料物質の総在庫量をインベントリーという。原子炉の炉心に装荷されている全ての燃料集合体の核燃料の総量を炉心インベントリーといい、保障措置制度の観点からは1つの物質収支区域(MBA)と定められ、かつこれを主要測定点(KMP)として当該施設内の核燃料物質の所在場所を明確にしている。燃料集合体にはバッチ名が割り当てられ、燃料タイプ(濃縮度等)、供給国、燃料要素(濃縮ウラン、プルトニウム、MOX等)、Fissile Weight、員数、施設名などの主要なデータが在庫表に記録されている。


<登録年月>
2006年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ