テスラ

テスラ てすら

 磁界の強さを表す磁束密度のSI単位である。1テスラ(T)の定義は「磁界の方向に垂直な面の1平方メートルにつき1Wb(ウェーバ)の磁束密度」で、1Wb/m2=1T となる。1ウェーバの定義は「1回巻きの閉回路(コイル)と鎖交する磁束が一様に減少してその回路に1Vの起電力を生じているとき、1秒間に変化する磁束」である。CGS系単位のガウス(G)との関係は、1テスラ=10,000ガウスとなる。磁界に関する基準としては、WHOが「環境補助基準69」(1987年)の中で見解を示し、この考え方を基に、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が「時間変化する電界、磁界および電磁界への曝露制限のためのガイドライン(300GHzまで)」(1998年)を作成している。


<登録年月>
2006年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ