回折現象

回折現象 かいせつげんしょう

 光などが、障害物があるとき、直進しないで幾何学的陰影部にも達する現象のことである。X線、電子線や中性子線の物質による回折を利用した解析方法は、結晶や分子の構造の研究の最も有力な手段である。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ