ドル

ドル どる

 原子炉の反応度を表す単位の1つで、記号を$で示す。ドルはρ/β、つまり反応度ρを遅発中性子の全中性子に対する割合βで割ったもので、1ドルの1/100の大きさの反応度を1セント(¢)という。1ドルの反応度とは、ρ=βのことであり、1ドル以下の反応度の場合は、原子炉の動特性は主に遅発中性子によって定まってくる。1ドルを越える反応度になると即発中性子のみで臨界状態となり、変化が急激となる。これを暴走状態という。遅発中性子割合は個々の原子炉によって少しずつ値が異なるが、例えば遅発中性子割合βが0.007とすると、1$の反応度ρは0.007Δk/kのことであり、通常は0.7%Δk/kと呼ぶ。つまり、この場合の反応度を常に0.7%Δk/k以下の値に保持することが安全上の絶対条件となる。


<登録年月>
2006年07月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ