マジックハンド

マジックハンド まじっくはんど

 放射性物質を遠隔操作で取り扱う際に、放射性物質をX,Y,Z軸各方向へ移動させたり、回転させたり、握りの強さを変えたりする、人の手の動きと同様の動作をすることができる道具をマジックハンドという。操作する人の手や指の動き(マスター)がワイヤー、てこ及び滑車などの力学的伝達機構を介して、遠方にある人間の手に似た装置(スレーブ)に伝わり、ほぼ同じ動きをすることができる遠隔装置である。マニピュレーターともいわれ、燃料試験施設のホットセル操作室で活躍している。


<登録年月>
2006年07月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ