pH

pH ぴーえいち

 水溶液中の水素イオンのイオン指数(水素指数)を表す記号。水素イオンのモル濃度[H+]は水溶液1リットルあたりの水素イオンのモル数で表される。このモル濃度の逆数の常用対数が水素指数であり、pH=−log10[H+]と定義される。水溶液中では水素イオン濃度[H+]と水酸化物イオン濃度[OH-]の積は一定値となる。この積は水のイオン積といわれ、室温では10-14となる。水素イオン濃度と水酸化物イオン濃度が等しい時、両イオン濃度は10-7mol/l(水素指数pHは7)となり、水溶液は中性である。水素イオン濃度がこれより大きな値(pH<7)の水溶液は酸性であり、逆に小さな値(pH>7)の水溶液は塩基性(アルカリ性)になる。例えば、塩化水素(HCl)が大量に溶け込んだ水溶液はHClの電離で水素イオン濃度が上昇して強い酸性を示し、水酸化ナトリウム(NaOH)が大量に溶け込んだ水溶液は(水酸化物イオンとの中和で)水素イオン濃度が低下し、強いアルカリ性を示す。


<登録年月>
2011年12月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ