応力腐食

応力腐食 おうりょくふしょく

 stress corrosion. 曲げ応力や引張応力がかかった金属材料が、塩素や酸素を含む水にさらされるなどの腐食環境におかれた場合に起こる腐食をいう。配管などの材料の破壊(割れ)の原因となりやすく、対策が重視されている。沸騰水型発電炉ではステンレス鋼配管溶接部近傍に、加圧水型発電炉の場合には蒸気発生器の伝熱管などに発生しやすいので、材料の合金成分の見直しなどの改良、溶接・熱処理法や水処理法の改善が実施されている。


<登録年月>
2010年10月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ