STACY 定常臨界実験装置

定常臨界実験装置 ていじょうりんかいじっけんそうち

 再処理施設の臨界安全性に関する研究を目的に、TRACY(過渡臨界実験装置)と並んで日本原子力研究開発機構の燃料サイクル安全工学研究施設(NUCEF)に設置されている実験装置。STACYは、1995年度から実験を開始し、ウラン硝酸水溶液及びそれらの混合燃料の密度、容器の形、大きさ、周囲の条件などを変化させた場合の臨界に関する系統的なデータを取得し、核燃料を取り扱う施設の合理的な安全設計・管理に役立てる研究を行っている。


<登録年月>
2012年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ