氷帽

氷帽 ひょうぼう

 陸地を覆う5万平方km以下の面積の氷河の塊を氷帽という。海面水位上昇予測値の大部分は、第一に海洋の熱膨張によるものであり、氷床と氷帽の融解がこれに次ぐ。時間規模で見た場合の主要な氷床の寄与は比較的小さいが、氷床は海面水位上昇の主要な不確実要因である。


<登録年月>
2011年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ