dpa

dpa でぃーぴーえー

 displacements per atom。照射損傷のうち、弾き出し損傷量を表す単位で、格子原子が何回弾き出されたかを示すもので、1dpaは材料を構成している全原子が平均して1回格子位置から弾き飛ばされたことに相当する。材料の照射損傷を評価する場合、損傷の度合いは、照射線量だけでなく、放射線の種類、エネルギースペクトル等によって異なる。そのような照射条件の差を統一的に評価するための単位がdpaである。なお、大部分の原子ははじき飛ばされても、正規の格子位置に戻るので、例えば、1dpaの損傷を受けた材料の原子がすべて正規の格子位置にないことを意味するのではない。


<登録年月>
2005年07月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ