褐炭

褐炭 かったん

 石炭の中で最も炭化が不完全な炭種。さらに炭化度の低いものとして亜炭、泥炭があるが、日本ではこれらは石炭に含めていない。世界の褐炭埋蔵量は1兆トンを超え、石炭全体の3分の1を占めるが、無煙炭や瀝青炭に比べると、褐炭は水分、酸素が多く、重量当たりの発熱量が小さい。したがって、火力が弱く、輸送効率も悪いため、ボイラや工業炉の燃料として幅広く利用されるには至っていない。そこで、改質して発熱量を高めたり、ガス化して合成燃料を製造するプロジェクトも企画されているが、もともと高品質の石炭の埋蔵量が多いことや、環境保護の観点から石炭の利用規制も強化されつつあり、褐炭の利用はあまり進んでいない。


<登録年月>
2010年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ