無限増倍率

無限増倍率 むげんぞうばいりつ

 infinite multiplication factor. 無限大の体系における中性子の増倍率。核分裂によって生まれた中性子が再び核分裂を起こして次の中性子を生み出すまでを世代といい、世代間の中性子の数の比を増倍率と呼ぶ。無限大の体系では中性子の漏れが無視できるので、無限増倍率は以下に示す四因子公式で表される。
   k = εp f η
ここで、εは238Uよる高速核分裂効果、238Uの共鳴吸収を逃れる確率、 は熱中性子利用率(燃料に吸収される熱中性子の割合)、ηは再生率(燃料が中性子1個を吸収した時に核分裂で生まれる次の世代の中性子の平均個数)である。これに体系からの漏れを考慮した増倍率をkとすると、kが1の時に臨界、1を超える時に臨界超過、1に満たない時に臨界未満となる。有限な体系では必ず中性子の漏れがあるので、体系が臨界となるためには無限増倍率kは1を超えていることが不可欠である。


<登録年月>
2012年06月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ