二次エネルギー

二次エネルギー にじえねるぎー

 secondary energy. 石油、石炭等のエネルギー資源を自然の形態(一次エネルギーという)から輸送、貯蔵、最終利用に適した形態に変換したものを二次エネルギーという。最終エネルギーと同義に用いられることもあるが、二次エネルギーをさらに加工して最終利用に供する場合も多い。代表的な二次エネルギーとして電気、各種温度の熱エネルギー、ガソリン、灯油、重油などの石油製品、都市ガス、水素、コークスなどが挙げられる。


<登録年月>
2010年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ