未臨界炉

未臨界炉 みりんかいろ

 陽子加速器を利用して生じさせた大量の中性子を未臨界の原子炉に送り、核分裂反応させるものを未臨界原子炉という。原子炉単独では臨界にならないため臨界安全の面からは安全性が高い。目的は使用済み燃料の再処理から出てくるマイナーアクチノイドを消滅させることである。陽子ビームのターゲット及び未臨界炉心の冷却材には液体金属の鉛—ビスマスが考えられている。


<登録年月>
2004年03月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ