FFTF

FFTF えふえふてぃえふ

 高速中性子束試験施設(Fast Flux Test Facility)。熱出力400MWの高速実験炉。米国における高速原型炉開発は、1960年代に米国原子力委員会と産業界による1000MWの高速増殖炉の設計研究に始まる。このためFFTFが建設され、原型炉CRBRのための試験を行った。1994年計画が中止された。FFTFは1992年から稼働しておらず、クリントン政権終盤にリチャードソン前エネルギー長官から一旦は廃止措置命令が下された。しかし、ブッシュ政権となってこの命令は取り消され、民間による医療用同位体研究への活用の可能性が調査されていた。米国エネルギー省は2001年12月19日、恒久閉鎖を決定した。同省のアブラハム長官は「FFTFの運転再開は実際的でない」との結論を示した。


<登録年月>
2004年03月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ