AP1000

AP1000 えぃぴーせん

 AP(Advanced Passive)1000は、米国のエネルギー省(DOE)/電力研究所(EPRI)の改良型軽水炉計画に従って米国ウェスチングハウス(WH)社を中心としたグループが開発を進めているAP600を発展させた電気出力1000MWのPWRである。AP1000は、AP600が経済性の面で不十分とされたため、AP600の設計概念を適用可能な範囲内で機器・設備を大型化している。安全系はAP600と同様にポンプ駆動ではなく重力落下や自然循環による冷却水に供給や炉心の冷却を行う受動的安全システムを採用したため安全系の非常用ディーゼル発電機が不要である。


<登録年月>
2004年03月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ